今月の特集

10月(神無月)こよみ

10月のイラスト

  • 8日(金)寒露
  • 23日(土)霜降
  • 31日(日)ハロウィン

11月10日(水)は定期清掃のため休館いたします。

今月の歌<273> 我ぞ覇者

 作詞:藤浦洸 作曲:古関裕而で昭和45年1月にレコードが発売されました。
 戦争が終わり、中断していた東京六大学リーグ戦が復活した昭和21年、慶應義塾の応援団員が古関家を訪れ応援歌の作曲を依頼しました。古関は「作ってもいいが、先に『紺碧の空』など早稲田のものを作っているので、早稲田の了解を取ってほしい」と言ったところ、「すでに早稲田の了解はとってあります」と応援団員が答えたので、作曲した曲です。
 先に曲が完成し、後から慶應義塾出身の藤浦洸が歌詞を書きました。歌詞は3番まであり、3番が早慶戦用の応援歌となっています。3番の歌詞には「好敵早稲田」「早稲田を倒せ」などの歌詞があり、現在でも早慶戦を盛り上げています。
 早稲田と慶應、双方の応援歌を作曲した古関は、平成元年8月18日に亡くなりました。葬儀の際、棺は早稲田・慶應義塾、両大学の応援団旗に見送られて出棺したそうです。(参考:古関裕而全集)

古関裕而メモ<273>

〈福島県〉相馬市立向陽中学校 校歌
所在地 福島県相馬市中野字桜町
沿革 昭和36年3月に中村第三中学校(仮称)として認可され、4月に中村一中より分離、中村・山上・飯豊の3校舎で開校しました。
翌年3月に現在の校名である、向陽中学校に改称しています。
飯豊中学校の校歌も古関が作曲していますが、統廃合のため現在は歌われていません。
校歌 作詞 和田 甫  作曲 古関 裕而 
昭和40年4月23日に校歌が制定されました。
作詞の和田甫は古関と共に12校の校歌を手掛けています。
校歌には「玉藻」「太平洋」「宇田川」など、海辺の風景が歌われており、学校周辺の情景を感じることができます。 

10月のコンサート

ピアノとフルートの調べ

日時 10月23日(土)
開場 13:30 開演 14:00
会場 ふくしん夢の音楽堂 小ホール
出演 八巻 和也(ピアノ)
桑名 里花(フルート)
定員 80名
料金 無料
申込日 10月9日(土)午前9時から電話受付開始

※受付はFAX、メールでは行っておりません。ご了承ください。

11月のコンサート

男声合唱の調べ

日時 11月20日(土)
開場 13:30 開演 14:00
会場 ふくしん夢の音楽堂 小ホール
出演 福島男声合唱団
定員 80名
料金 無料
申込日 11月6日(土)午前9時より電話受付開始

※受付はFAX、メールでは行っておりません。ご了承ください。

ページトップへ戻る