今月の特集

7月(文月)こよみ

7月のイラスト

  • 1日(木)臨時休館日
  • 2日(金)半夏生
  • 7日(水)七夕
  • 22日(木)大暑 海の日
  • 23日(金)スポーツの日
  • 28日(水)土用丑の日

今月の歌<270> 船頭可愛や

 昭和10年6月20日に、作詞:高橋掬太郎 作曲:古関裕而 歌:音丸で発売されました。
 古関がコロムビアに入社して5年目にして初の大ヒット曲で、26万枚を売上げました。古関は「楽想に浮かぶ日本民謡の旋律を生かして作曲し、長調でいわゆる田舎節で作曲した」と自伝で述べています。
 音丸は麻布十番の下駄屋の娘でした。以前は本名の「永井満津子」でレコードを吹き込んでいましたが、うぐいす歌手のブームに乗って芸名を音丸と改め、芸者の衣装で歌唱しました。
 音丸は楽譜が読めなかったので、古関がピアノを弾きながら曲を教えたそうです。発売当初はあまり反響がありませんでしたが、年の暮れから流行し始めました。古関は「私は初めて自分で作曲した曲が、どこへ行っても流れている喜びを知った」と自伝で述べています。(参考:鐘よ鳴り響け-古関裕而自伝、刑部芳則著「古関裕而-流行作曲家と激動の昭和」)

古関裕而メモ<270>

〈福島県〉相馬市立桜丘小学校
所在地 福島県相馬市中村字桜丘
沿革 昭和31年4月、相馬市立中村第三小学校として開校し、同年7月に桜丘小学校と改称しました。昭和33年2月に校歌が制定され、同年2月10日に校章が決定、校旗が制定されています。
校歌 作詞 和田甫 作曲 古関裕而
明るく軽快な曲調で、詞には「桜若葉」「庭の桜」など、桜にちなんだ歌詞が綴られています。 古関と和田は12校の校歌を共に手掛けています。

7月のコンサート

混声合唱の調べ

日時 7月25日(日)
開場13:30 開演14:00
コンサートのチラシはこちら(PDFファイル:220KB)
会場 ふくしん夢の音楽堂 小ホール
出演 福島ハミングコール
定員 80名(定員になり次第締切)
料金 無料
申込日 7月11日(日)午前9時から電話受付開始

※受付はFAX、メールでは行っておりません。ご了承ください。

8月のイベント・コンサート

企画展 古関裕而とスポーツ音楽

日時 8月7日(土)~9月5日(日)
会場 古関裕而記念館 1階サロン
料金 入館料 300円(一般)、100円(小中学生) 

生誕記念祭

日時 8月11日(水)
9:00~18:30(最終入館18:00)
オープニングセレモニー 10:00
会場 古関裕而記念館 1階サロン 他
内容 オープニングセレモニー
小南満佑子さん、井上希美さんに一日館長任命
福島敬香保育園児による古関メロディー演奏等
料金 入館料無料
その他 入館時新型コロナウイルス対策の為、受付を設けます。
氏名、電話番号、居住地を記入していただきます。
また、混雑時は入館制限をかける場合がありますので、予めご了承下さい。

生誕記念コンサート

日時 8月11日(水)
開場18:00 開演18:30
コンサートのチラシはこちら(PDFファイル:1.36MB)
会場 ふくしん夢の音楽堂 大ホール
出演 紺野恭子(ソプラノ)、角田啓子(ピアノ)
ゲスト 小南満佑子(連続テレビ小説「エール」夏目千鶴子役)
井上希美(連続テレビ小説「エール」藤丸役)
米田直之(ピアノ)
料金 1,000円(税込み、全席指定)
販売所 ふくしん夢の音楽堂、CNプレイガイド、ファミリーマート、ローソンチケット
ページトップへ戻る