今月の特集

6月の日程・暦から

6日(水) 芒種
10日(日) 時の記念日
17日(土) 父の日
21日(木) 夏至
30日(土) 夏越の大祓
あじさいのイラスト
6月11日(月)は臨時休館いたします。

今月の歌<247> しゃくなげ音頭

 作詞:佐藤浩 作曲:古関裕而 歌:島倉千代子でレコード化されました。
 この作品は、福島県郡山市にある薄皮饅頭でも知られる柏屋の企画部が昭和32年4月に、福島県を全国の人々に紹介し観光に訪れて欲しいとの思いで制作した福島県観光の唄です。15番まであり、裏磐梯、吾妻小富士、鶴ヶ城や白河の関、飯坂や熱海の温泉、相馬野馬追や二本松提灯祭りなどの観光地が歌われており、当時は振付され踊られていました。
 作詞の佐藤浩は郡山市生まれで、昭和33年全国初の月刊児童詩誌「青い窓」を発刊し児童詩に普及に努めた詩人です。今年5月で発刊60周年となった「青い窓」は現在も読み継がれている詩集です。

古関裕而メモ<247>

〈福島県〉矢吹町立矢吹中学校 旧:矢吹町立中畑中学校

所在地 矢吹中学校…福島県西白河郡矢吹町文京町
沿革 昭和22年に矢吹町立矢吹中学校と町南部に位置した中畑村立中畑中学校が開校し、30年に矢吹町と中畑村が合併し矢吹町立中畑中学校に、40年に町立三神中学校と統合し矢吹町立矢吹中学校となりました。
校歌 矢吹中学校の作詞は菊地貞三、 旧:中畑中学校の作詞は大谷五花村(ゴカソン)、2校とも作曲は古関裕而、作詞の2人は福島県出身の作家です。矢吹中学校校歌は昭和41年に制定されました。古関はこの校歌の歌詞について、今まで作曲した校歌のなかでも、非常に明るい現代的な歌詞で、面白い曲ができそうだと書いており、歌詞のハミングのような「ランラ ララララ…」というフレーズには弾むような明るい旋律で作曲されています。

6月のコンサート

ピアノの調べ
〜歌とピアノで贈る癒しの音楽〜
日時 6月24日(日)
時間 開場 13:30
開演 14:00
会場 古関裕而記念館1階サロン
出演 石田彩音(ソプラノ)
八巻和也(ピアノ)
定員 70名(定員になり次第締切)
料金 無料
申込日 6月9日(土)から電話受付開始

7月のコンサート

エレクトーンの調べ
〜色彩豊かな響きで紡ぐ午後の一時〜
エレクトーンにより童謡から映画音楽、日本の歌の演奏や、小学校の音楽の授業でもおなじみのピアニカの演奏もお楽しみ下さい。
日時 7月21日(土)
時間 開場 13:30
開演 14:00
会場 古関裕而記念館1階サロン
出演 長谷川幹人(エレクトーン・ピアニカ)
定員 70名(定員になり次第締切)
料金 無料
申込日 7月7日(土)から電話受付開始

お知らせ

平成30年度 臨時休館日

1回目:平成30年5月31日(木)
2回目:平成30年6月11日(月)
3回目:平成30年11月1日(木)
4回目:平成31年3月1日(金)を予定しております。


What's Newへ