今月の特集

7月の日程・暦から
1日
(土)
全国安全週間
7日
(金)
小暑・七夕
15日
(土)
勤労青少年の日
16日
(日)
やぶ入り
17日
(月)
海の日
20日
(木)
土用
23日
(日)
大暑・土用の丑



今月のコラム1 七夕
七夕(しちせき/たなばた)は、7月7日または8月7日に多く行われる祭りです。古くは、棚機(たなばた)とも表記し、今日一般的にたなばたと発音するのはその名残です。元来中国での行事であったものが、奈良時代に伝わり、元からあった日本の棚織津女(たなばたつめ)の伝説と合わさって生まれました。こと座の1等星ベガは、中国・日本のたなばた伝説では織姫星(織女星)として知られています。織姫は天帝の娘で、、機織の上手な働き者でした。夏彦星(彦星、牽牛星)は、わし座のアルタイルで、夏彦もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めました。めでたく夫婦となった夫婦生活が楽しく、織姫は機を織らなくなり、夏彦は牛を追わなくなったため天帝は怒り、2人を天の川を隔てて引き離しました。しかし年に1度、7月7日のたなばたの日だけは会うことが許されたのです。雨が降ると天の川のかさが増し、織姫は渡ることができませんが、そのときはどこからか無数のカササギがやってきて天の川に自分の体で橋をかけてくれるそうです。
今月のコラム2 栄冠は君に輝く〜全国高校野球選手権福島大会〜
第88回全国高校野球選手権福島大会が7月13日(木)〜27日(木)の日程で開催されます。甲子園への出場回数は、学法石川9回、福島商業8回、磐城・日大東北7回、双葉、聖光学院が3回、福島師範・安積商2回、保原・郡山1回で、10校が福島代表として熱闘を繰り広げてきました。
甲子園における、第87回大会(2005年)までの福島県の代表の戦績(夏の大会)は19勝44敗で、内訳は磐城7勝、学法石川・聖光学院が3勝、福島商業・双葉が2勝、郡山北工・日大東北が1勝で、最高位は磐城高校の準優勝(53回大会:1971年)、勝率は30.2%という結果に終わっています。
出場93校の中で、激闘の末に栄冠を勝ち取るのは果たして・・・?
今月の歌(11) 「暁に祈る」昭和15(1940)年
「野村俊男・古関裕而・伊藤久男」コロムビア三羽烏の大ヒット曲で、昭和48年には信夫山第一展望台に歌碑が建立されました。
昭和15年に封切られた松竹大船映画『暁に祈る』(監督:佐々木康)の主題歌で、映画自体征戦愛馬譜というタイトルがついており、陸軍省馬政課が軍馬に対する認識と関心の昴場を目的として、指導・後援してきたものでした。古関先生は、福島県生まれの3人でそろってやるという、かねてからの念願がかなったと、喜んだそうです。しかし、大ハリキリだった軍の人間が詞を気に入らず、書き直しを何度もさせたそうです。3人ともほとほと嫌になり、7回目頃の「ああ あの顔で・・・」に始まる詞がようやくOKとなりました。後に野村さんは「作るのが嫌になり、『ああ』とため息が出たので、それを冒頭に持ってきた」と冗談まじりに話したそうです。望郷の念にかられる兵隊たちの気持ちを、祖国愛と馬に対する愛情で色づけしながら、大きくうねる旋律の中に生き生きと描き上げた作品で、日本歌謡史上に残る名曲として歌い継がれています。
(引用・参考:古関裕而全曲集解説)
古関裕而メモ(11)
大正8(1919)年 裕而10歳。この年は、どんな出来事があったのでしょうか・・・。

2月
小学校例、中学校例・帝国大学令改正
3月1日
東京―萬世橋開通、山手線の「の」字運転開始
上野広小路交差点に「止レ」「進メ」信号評板設置
5月
選挙法改正(直接国税3円以上・小選挙区制)
6月
パリ講和会議開催、28日ベルサイユ講和条約調印
8月25日
高島屋・松屋・白木屋百貨店開業
9月
医師会例公布。シベリアから徴兵開始。
12月15日
日本電力発足
 
この年はカルピス発売。キャッチフレーズの「恋の味」は、1921年から。明治屋が8月にコカコーラを輸入販売。道路信号機もお目見え。流行語は「東京節」や「かなりや」。流行語は・・・「サボる」で、フランス語:サボタージュの省略語。9月の神戸川崎造船所の争議で始めて使用、賃上げ成功後に広まりました。
また、「郵便の父」 前島密が85歳で死去(4月28日)

浄土平フェスティバル「フォルクローレの夕べ」
とき
平成18年7月29日土曜日
開演:午後7時
ところ
浄土平レストハウス2階
主催
財団法人福島市振興公社
出演
川俣町ケーナ愛好会
料金
無料(別途、磐梯吾妻スカイラインの通行料あり)
定員
200名(事前申し込みは必要ありません)
浄土平フェスティバルのオープニングとして出張コンサートを開催いたします。サロンコンサートとは一味違う雰囲気をお楽しみ下さい。
詳しくは、こちらをご覧ください。

What's Newへ