古関裕而略年譜

1909年 (明治42) 0歳 8月11日 福島市大町に生まれる。 生家は呉服屋
「喜多三(きたさん)」。




1914年 (大正 3) 5歳 このころ父親が蓄音機を購入。レコードを聴く。
1916年 (大正 5) 7歳 福島県師範附属小学校(現:福島大学附属小学校)入学。
1918年 (大正 7) 9歳 小学3年から6年まで担任遠藤喜美治先生に唱歌とつづり方を習う。
1919年 (大正 8) 10歳 卓上ピアノで作曲を始める。  
1922年 (大正11) 13歳 福島商業学校入学。 この頃「喜多三」廃業。
妹尾楽譜により本格的な作曲・編曲を始める。
1923年 (大正12) 14歳 福島ハーモニカ・ソサエティーに入る。
この頃関東大震災をテーマに「大地の反逆」作曲。
1924年 (大正13) 15歳 福島市新町70番地に転居。
1927年 (昭和 2) 18歳 ペンネームを「裕而」とつける。
1928年 (昭和 3) 19歳 福島商業学校卒業後、川俣銀行に勤務。
福島ハーモニカ・ソサエティーとともに、仙台中央放送局記念番組に出演。
 
1929年 (昭和 4) 20歳 舞踊組曲「竹取物語」ほか4曲をイギリスロンドン市のチェスター楽譜出版社募集の作曲コンクールに応募し、二等に入選。  
1930年 (昭和 5) 21歳 6月1日 内山金子と結婚。
      9月 「福商青春歌」作曲。同月、コロムビア専属作曲家として上京。
1931年 (昭和 6) 22歳 早大応援歌「紺碧の空」作曲。
第一回レコード「福島行進曲」 「福島小夜曲(ふくしまセレナーデ)」発売。
1935年 (昭和10) 26歳 「船頭可愛や」初のヒット曲となる。
1936年 (昭和11) 27歳 「大阪タイガースの歌」(通称:六甲おろし)作曲。  
1937年 (昭和12) 28歳 「露営の歌」作曲。
放送劇「当世五人男」初のドラマ曲作曲。
この年、菊田一夫と出会う。
 
1938年 (昭和13) 29歳 中支従軍。  
1940年 (昭和15) 31歳 「暁に祈る」作曲。  
1942年 (昭和17) 33歳 南方慰問団派遣員となる。  
1945年 (昭和20) 36歳 約1ケ月軍隊生活を送る。  
      10月 NHK連続ラジオドラマ「山から来た男」で、終戦後初めて菊田一夫とコンビを組む。  
1947年 (昭和22) 38歳 7月 NHK連続ラジオドラマ「鐘の鳴る丘」放送開始。(25年12月まで放送)
主題歌「とんがり帽子」作曲。
 
1948年 (昭和23) 39歳 全国高等学校野球大会の歌「栄冠は君に輝く」作曲。  
1949年 (昭和24) 40歳 「長崎の鐘」作曲。  
1952年 (昭和27) 43歳 4月 NHK連続ラジオドラマ「君の名は」放送開始。(29年4月まで放送)
主題歌作曲。
 
1953年 (昭和28) 44歳 NHK放送文化賞受賞。
1956年 (昭和31) 47歳 「忘却の花びら」がNHK連続ラジオドラマの最後となり、この後は菊田一夫とともに舞台活動へと転進する。
1957年 (昭和32) 48歳 日曜名作座開始。福商新校歌「若きこころ」作曲。
1964年 (昭和39) 55歳 東京五輪において行進曲「オリンピック・マーチ」作曲。
1969年 (昭和44) 60歳 紫綬褒章受章。  
1972年 (昭和47) 63歳 札幌冬季五輪において「純白の大地」作曲。
9月 画集「風景の調べ」を自費出版。
1973年 (昭和48) 64歳 朋友 菊田一夫氏逝去。
芸術座公演「道頓堀」が名コンビの遺作となる。
「暁に祈る」歌碑が信夫山第1展望台に建立。
1979年 (昭和54) 70歳 福島市名誉市民となる。
勲三等瑞宝章受賞。
レコード大賞特別賞受賞。
1980年 (昭和55) 71歳 日劇にて作曲生活50周年記念ショー。
5月 自伝「鐘よ 鳴り響け」を主婦の友社より刊行。
7月 妻金子死去。
 
1986年 (昭和61) 77歳 30年間音楽を担当したNHKラジオ「日曜名作座」を健康上の理由で降り、作曲生活から引退。  
1987年 (昭和62) 78歳 「日曜名作座」を3人で30年間続けた業績に対し、森繁久彌、加藤道子とともに放送文化基金個人部門賞受賞。  
1988年 (昭和63) 79歳 11月 福島市古関裕而記念館開館。  
1989年 (平成元) 80歳 8月18日死去。