本館の特色 本館の特色と施設概要

 福島市古関裕而記念館は、地元福島市大町の出身で福島市名誉市民第1号である大作曲家、古関裕而先生の業績を称え、後世にその業績と「古関メロディー」を広く継承していくこと、また音楽文化の振興に資するため、市制80周年記念事業として昭和63年(1988年)11月12日にオープンしました。
  1階は受付ロビーとサロンで、通りに面した大きなガラス窓から見る「メタセコイア」の並木とビデオから流れる古関メロディーは、くつろぎの気分を醸し出してくれます。
  2階は資料展示室。展示コーナーでは約600点の写真パネル、直筆色紙、作曲作品の楽譜等、数々の資料が展示されています。
  2階入口から見て左手が視聴コーナー。ここでは、古関メロディーの代表的な100曲を収録しており、自由に選択してヘッドホンで聞くことができ、さらに両サイドに設けられたビデオコーナーでは、古関裕而の生い立ちや作品等の紹介を見ることができます。
  その隣にある和室は記念室で、作曲する際に使っていた部屋がそのまま再現されています。
  外観で目を引くのが、名曲「とんがり帽子」を思い出させる塔で、朝夕古関メロディーが流れ、多くの人々の耳を楽しませています。
  この記念館が、古関裕而を理解し研究する場となり、また広く文化活動の場として活用されることを願っております。


位 置
福島市入江町1番1号
構 造
鉄筋コンクリート造り 2階建
規 模
建築面積 425.063平方メートル
  延床面積 656.601平方メートル
内 容
1階 ロビー・サロン・事務室・その他
  2階 展示室・記念室・資料室・その他
総事業費
約330,000千円
開 館
昭和63年11月12日